<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ミーティング

昨日,例のサイトの説明を受けに行っての感想なんだけど、これは仕事をする上でみんなに言えることなのかもしれないことなんだけど、「センス」って何かということ。

その「センス」には一般的に一時期的な流行やその世界の常識で判断するところなんだけれどもその中に個人的な好みも含まれてやしないかというもの。
先方は女性スタッフさんで(会社員全員女性)話し合いをしてても徐々に時間とともに言葉に変化が出て来て結局最初と最後では言ってる言葉が変わってたというのも気になったが。

サンプルの映像をみんなで見ててタイトルロゴの配置などお任せすると言っておきながら「私、ロゴのこの位置は好きじゃないんですよねー」と言った場面などがあって、それもセンスの一つという認識で語ってたのだけれどもこちらチームの映像スタッフが???という感じで。また、この映像でも「このシーンもねー あまり好きじゃないんですよねー」。
そうなるとセンス云々という話ではなくこの方の好みの問題。
「センス」という名を借りて語られたらすでにミーティングではないということだよ。
一般的な常識的なあるいはアイデアを出して行きながら突き詰めて話し合って行くのがミーティングなのが、この場合どちらかといえば暗黙で私の好みに合わせられるかという問題。
こちらがこの方の彼氏だったら今ごろそんなのわかんねーよって喧嘩もできるだろうが、ここは国際色のある高等なビジネスの場(各ミーティングルームは英語が飛び交ってました)。

帰りスタッフさんと食事しながら「あれはないよなー」と。

今のところミーティングの空気から感じてほぼ仕事は来ないだろうという判断してるのだけれども時間的にこれから新たに別業者を捜す時間もないはず。とりあえずというところで我々に振って来る可能性も想定しなければいけないから、先方に合わせたスタッフを再編成をする必要もあるだろうと。

万が一のことを考えてお互いの仕事ポジション構成の話では、映像のことなので撮影は映像スタッフに任せて僕は必要な場面でセカンドカメラを持つことにしてファッションアドバイザーとしてファッションの見せ方、アングル指示や撮影助言になることに。


結局のところ女性社会の中で男性スタッフには理解判断が難しいところもあるが本音で・・・


日米のセンスの差もいくらかあるのも見える。


付け加えて言えば、ファッション界の女性スタッフは凱旋帰国のクリエイターに弱い。どんな作品でも自分の好みでない作品でも良く見えてしまい即採用というところがある。
むしろ、自分のセンスが悪いのかしらくらいになる。
もう盲目ですよね。

これ経験で言っておきます。

自分がいいというものがセンスの基準値になる。


物作りのときくらいは冷静な判断をもって臨んでいただきたいものです。
我々も伊達にクリエイターをやっているのではないのだからね。


武藤静香プロデュースrady(レディー)最新人気ワンピースをご紹介!!
[PR]

by hada8618 | 2013-05-25 16:40

恒例の

5月22日(水)は銀ブラ、買い物、ピアノ、イタリア語、図書館とパターン化している。

 日本には最近、旅行者が増えているというが、銀座での中国、韓国からの旅行客はそう復活しているとは思えない感じである。中国のお客さんを乗せたツアーバスの数は多くはない。銀座通りに駐車しているバスの数でよく分かるのだが、2台ぐらいで少ないのが気にかかる。

 ピアノはいつものレッスンでスケールなど指の体操から課題曲で終わる。その後は、銀座三越で松江の和菓子、信州のみすず飴、プランタン銀座でイタリアのスプマンテである「フランチャコルタ」を購入。どれもわたしの好きなものであるが、最後の泡はプレゼント用というよりは差し入れといった方がよい。

 図書館はモーリス・エルゾーク著「処女峰アンナプルナ」の期間延長の手続きを行うため。これは今回のネパールトレッキングで読んだ本の中で紹介されていたので、帰国後読み始めた。あと少しで終わるのであるが、著者の成功の影に大きな犠牲があることを知る。

 イタリア語は特別な日となる。仲間の一人の女性が結婚するというので、みんなでお祝いをすることになる。この土曜日に仲間の住むマンションで夕方からお祝いのパーティーを開く。それぞれが持ち込むものと、買いだしで調理するものとに分け、自前のお祝いとなる。そこで、わたしは料理ができないので、先ほど書いた泡を差し入れする。

 しかし、せっかくイタリア語を学んでいるのでいつかはイタリアンの料理を学びたい気持ちはある。適当なコースがあればよいのだがーー。

 先生もこの会に参加するということで、イタリアンの材料と調理用具を持参する。10名ぐらいの人数に対応するため、大変な作業となろう。

 これらの話し合いをすべてイタリア語で会話するので大変だった。料理のみならず、彼の家に何時に、どう行くか、マンションの呼び出しまで、先生に聞かれ答えなければならない。すべて実践そのものでよい勉強になった。駅の出口は?信号を何回を渡るの?何階にあるの? 部屋番号は? スーパーで何買うの?

 わたしは一度、彼のマンションに行ったことがあるので助かった。土曜日が楽しみである。ただし、先生がいるとイタリア語をしゃべらないと、怒られるので、これだけが心配の種である!!


武藤静香プロデュースRady(レディ)ワンピース最新情報!!
[PR]

by hada8618 | 2013-05-24 19:05
line

お肌の化粧水を敏感肌、ニキビ肌、乾燥肌等様々な観点から研究しています。


by hada8618
line